MENU

茨城ロボッツ

IBARAKI ROBOTS

MENU
HOME > 12/29_vs川崎_見どころ

GAME PREVIEW見どころ

屈指のタレント集団へ、リベンジを誓う

前節をアウェーで戦ったロボッツは中2日で川崎ブレイブサンダースとの一戦に臨む。今シーズンは11月にアダストリアみとアリーナで対戦があったものの、そこでは連敗。およそ1ヶ月半を経て、リベンジを狙うには格好の機会と言える。

11月の中断期間を前に11勝3敗と、B1東地区の首位に立った川崎。代名詞となったビッグラインアップと、#0藤井祐眞、#7篠山竜青の2ガードなど、様々な戦略を組み合わせて勝利を掴んできた。個々の能力が高い中で、ボールムーブメントもしっかりできるのが強みで、リーグ3位となる1試合平均23.1アシストを記録している。前回の対戦でロボッツに猛威を振るったのが、#23マット・ジャニング。ロボッツ戦2試合で合わせて30得点をマークし、危険なスコアラーであることを証明して見せた。高精度のシューターとしてでなく、場面に応じてポイントガードも任せられる器用さも併せ持つ。川崎の攻撃で大きなオプションとなったこの男を止めぬことには、ロボッツは苦戦を強いられかねない。

対するロボッツは、前回の川崎戦でホームデビューを飾った、#22ハビエル・ゴメス・デ・リアニョに注目したい。3ポイントシュートや鋭い飛び込みなどを見せて得点機会を演出した彼が、どれだけ得点を重ねられるか。また、ディフェンス面での習熟も深めて、ロボッツを勝たせるピースになっていくことが期待される。一方では、前回の対戦でベンチからの登場ながら見せ場を作り続けた、#55谷口大智の活躍からも目が離せない。厳しい戦況でもチームに戦いの火をくべ続ける彼が、どこまでチームを盛り立てられるか。彼の一挙手一投足に、しっかり目を凝らしてみたい。

年の瀬に差し掛かったBリーグ。ここで勝つことで、2022年の戦いに、大きな弾みをつけていきたいところだ。

  • スタッツ・順位は11月14日終了時点
オフィシャルスポンサー・パートナー一覧