MENU

茨城ロボッツ

IBARAKI ROBOTS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 茨城ロボッツ 2020-21シーズン B1ライセンス交付決定のお知らせ

茨城ロボッツ 2020-21シーズン B1ライセンス交付決定のお知らせ

本日行われたB.LEAGUE理事会にて、「2020-21シーズン B.LEAGUEクラブライセンス」の判定結果が発表され、茨城ロボッツにB1ライセンスが交付されることが決定しましたので、お知らせいたします。

なお、2020-21シーズンは次期B1昇格に向けてB2リーグで戦うことが決まっております。

詳細はBリーグ公式サイトでご確認ください。

代表 山谷拓志コメント

本日、Bリーグより当クラブに対しまして、2020-21シーズンのB1クラブライセンスが交付される旨の通知がありました。
4シーズン連続でB1クラブライセンスを取得できましたことは、日頃からサポートを頂いております皆様のお力添えの賜であり、 あらためましてファン、サポーター、ブースター、そしてスポンサー各社の皆様、県内行政・自治体、茨城県バスケットボール協会、 Bリーグの皆様には心より感謝を申し上げます。また試合運営やM-SPOの運営を支えていただいている関係各社やボランティア・アルバイトの皆様、そして情熱をもって仕事やプレーをしてくれている選手・スタッフ・社員・RDTといったクラブや会社の礎を支えていただいている多くの皆様にも日頃のご尽力ご協力に心から感謝を申し上げます。

現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によるBリーグ2019-20シーズンの途中終了ならびにホームゲームの開催中止、さらには先行きの不透明さや景気後退による経営環境の悪化に伴い、クラブの経営は苦境に立たされております。多くの皆様からのご支援やご声援、そして今回のライセンス判定の結果にしっかりと応えB1昇格を目指していくことができますよう、クラブの経営に努めて参る所存です。
引き続き茨城ロボッツにご支援・ご声援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント
代表取締役社長 山谷 拓志

B.LEAGUEクラブライセンスとは

B.LEAGUEクラブライセンスとは、B.LEAGUEのリーグ戦に出場するための資格となり、B1、B2リーグに参加できる資格となるB1ライセンスと、B2リーグに参加できるB2ライセンスの2種類があります。有効期間は対象シーズンの1年間。継続的にリーグ戦に参戦するには、毎年希望するシーズンの前年11月までに申請しライセンスの交付を受けることが条件となります。バスケットボール界全体の安定的・持続的な成長と発展に寄与することを前提とし、育成面・施設面・選手環境面などを、プロリーグとしてふさわしい水準に保ち、さらに発展させることによって、クラブの価値が向上することを目的としております。

RELATED

関連ニュース

  • キントーン
  • ポスターダウンロード
  • ボランティア募集
  • LINE@
  • YouTube
  • BLUE×BLUE BBQプラン・パーティープラン受付中

チケット

オフィシャルスポンサー・パートナー一覧