MENU

茨城ロボッツ

IBARAKI ROBOTS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【1/2・3vsA東京】茨城県の伝統文化団体出演

【1/2・3vsA東京】茨城県の伝統文化団体出演

B.LEAGUE(B リーグ)所属のプロバスケットボールチーム「茨城ロボッツ」ホームゲーム開催時に、茨城県の伝統文化団体が出演。茨城県の伝統芸能に親しむ機会を提供し、地域との繋がりを創出。

―2022 年1 月2 日(日)、3 日(月)の対アルバルク東京戦で実施―

1/2・3vsA東京 伝統文化団体出演!

いつも茨城ロボッツを応援いただき誠にありがとうございます。

このたび、株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメントは、地元茨城県の伝統文化団体(排禍ばやし、やんさ太鼓)が出演することが決定しました。演舞を披露し、試合を盛り上げるほか、観覧者に対し茨城県の伝統文化に親しむ機会を提供します。
初の試みとして、2022年1月2日(日)、3日(月)に行われる対アルバルク東京戦で演舞を実施いたしますので、迫力ある試合と、お正月らしい華やかな演舞をお楽しみください。

なお、本件は株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメントと、茨城県、および全国の祭り・伝統芸能をサポートする専門会社 株式会社オマツリジャパンの3者による共同の取り組みです。

開催の経緯・目的

「茨城ロボッツ」は、茨城県水戸市及びつくば市をホームタウンとするプロバスケットボールチームです。地元茨城県とのつながりをより深めたいとの想いから、「茨城ロボッツ」のホームゲーム開催時に、茨城県の伝統文化団体に出演いただく運びとなりました。演舞を通して試合を盛り上げる他、観覧者に対し、茨城県の伝統文化に親しんでいただきたいと考えております。

茨城ロボッツはこれまでも「水戸ど真ん中再生プロジェクト(座長=オーナー堀義人)」が推進する地域伝統文化の継承に向けたイニシアティブであるM-TRADの取り組みの一環として、水府提灯、水戸黒などの伝統工芸の活用のほか、ホームゲームの機会を通して伝統文化の発信の機づくりにこれまで取り組んでいます。

茨城県では2017 年度より県内の伝統文化団体の活動を支えるために様々な支援事業に取り組んできました。その中でも2018 年度からは新しい出演機会を伝統文化団体に提供する取組を行ってきました。

今回の取り組みを協働して進める、オマツリジャパンでは2017年度より、茨城県の事業である「茨城伝統文化ワークショップ」のファシリテーターを務めたほか、茨城県の伝統文化団体に対し、首都圏で開催されるイベントへの出演機会を提供するなど、茨城県の祭りや伝統文化の支援を行ってきました。
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、2年連続で全国各地の祭りが中止や規模縮小を余儀なくされる中、伝統文化団体もまた出演の機会を失っています。今回の取り組みにより、伝統文化団体に対し、演舞披露の場を提供したいと考えています。

開催概要

日程
2022年1月2日(日)、3日(月) 対アルバルク東京戦
時間
ハーフタイムショーにて演舞を実施(試合開始は14:05~)
場所
アダストリアみとアリーナ(茨城県水戸市緑町2-3-10)
出演団体
片野排禍ばやし保存会(茨城県石岡市)※1月2日(日)に出演
やんさ太鼓保存会(茨城県ひたちなか市)※1月3日(月)に出演
入場料
席によって価格が異なります。下記、チケット購入サイトをご確認下さい。

出演団体について

片野排禍ばやし保存会

片野排禍ばやし保存会(茨城県石岡市)

「排禍ばやし」の由来は、片野城の城主であった太田資正が武運を祈願し神社の建立の際に奉納の舞として、諸々の禍いを排して繁栄を願う意から排禍ばやしが納められたと言い伝えられています。近年では、奉納の舞の他、県内外を問わず多方面にわたり式典や催事等でも披露しております。

https://haikabayashi.ishioka.city/
やんさ太鼓保存会

やんさ太鼓保存会(茨城県ひたちなか市)

「やんさ太鼓」は、昭和53年に勝田商工会議所青年部が中心となって創られました。「ヤンサマチ」と呼ばれる1667年から昭和4年まで約300年に渡ったお祭りの砂競馬の様子を表した『やんさ太鼓』をはじめとし、『勝田陣太鼓』、『武田の里 八幡太鼓』『鈴女』等のレパートリーを持ち県内各地のイベント等で勇壮な太鼓を披露しています。

http://yansadaiko.com/

チケット購入について

試合のチケットはB.LEAGUEチケット販売サイトをはじめ、各種チケット販売サイト(チケットぴあ、CNプレイガイド等)にてご購入いただけます。詳しい購入方法、販売スケジュールは下記をご参照ください。

各社概要

茨城ロボッツ

茨城県水戸市及びつくば市をホームタウンとして、B.LEAGUE に所属しているプロバスケットボールチーム。名前の由来はクラブ発祥の地であるつくば市が「ロボットの街」を推進していることから、「つくばロボッツ」と命名。2016年7月1日よりホームタウンがつくば市と水戸市となり、「茨城ロボッツ」に変更。愛称は「ロボッツ」。2020-21シーズン悲願のB1昇格を決める。

企業名
茨城ロボッツ(株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテイメント)
代表者名
代表取締役社 西村大介
所在地
茨城県水戸市千波町 2084-2 茨城放送ビル2F
WEBサイト
https://www.ibarakirobots.win/

オマツリジャパン

日本に約30万件あるとされる「祭り」は、地域を代表する文化、地域住民の生きがいの場であり、様々な経済活動の場となっていますが、少子高齢化による人手不足、応援者減による資金不足、アナログな情報発信によるPR不足等により、衰退し危機的な状況にある祭りが増えてきています。オマツリジャパンは「祭りで日本を盛り上げる!」ことをミッションに掲げ、祭りの抱える課題を解決すべく多面的な支援事業を行い、地方創生に取り組んでいます。

企業名
株式会社オマツリジャパン
代表者名
代表取締役社 加藤優子
所在地
東京都渋谷区代々木2-8-5 新宿南口ビル303
WEBサイト
https://company.omatsurijapan.com/

RELATED

関連ニュース

チケット

ご案内

  • best
  • app
  • ロボッツタイムズ
  • ボランティア募集
  •      
オフィシャルスポンサー・パートナー一覧