MENU

茨城ロボッツ

IBARAKI ROBOTS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > B.LEAGUE 2019-20 シーズン 全試合中止のお知らせ

B.LEAGUE 2019-20 シーズン 全試合中止のお知らせ

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(以下「B.LEAGUE」)は、B.LEAGUE 2019-20シーズンB1第33節以降、B2 第31節以降(第27節代替試合も含む)の今後全試合を中止、また2019-20シーズンのポストシーズン(Bリーグチャンピオンシップ、B2プレーオフ、B1残留プレーオフ、B1・B2入れ替え戦、B2・B3入れ替え戦)の中止を決定いたしました。

B.LEAGUEはバスケで日本を元気にするという使命のもと、シーズン再開の方法を最後まで模索し続けましたが、新型コロナウイルス感染症の海外及び国内での感染拡大により、選手、クラブ、ファンの皆さまの心身の健康を最優先に考え、今シーズンの全試合中止を決断いたしました。試合再開を楽しみにお待ちくださった皆さまには、心よりお詫び申し上げます。

バスケの力で日本を元気にしたいという想いは変わらず、選手、クラブ、ファンの皆さまが安全に全力で臨めるB.LEAGUE、茨城ロボッツをお見せできるよう準備して参ります。

CLUB ROBOTSメンバーの皆さまへ

入会特典の各種引換券、ホームゲームペアチケット、来場ポイントサービス等の取り扱いについては現在検討中です。 決定次第、当サイト・SNSにて発信させていただきますので今しばらくお待ちください。

  • お手元の引換券は大切に保管していただきますようお願いします。

パートナーチケットをお持ちの皆さまへ

パートナーチケットの取り扱いについては決定次第お知らせいたします。

コメント

代表 山谷拓志

B.LEAGUEはバスケで日本を元気にするという使命のもと、シーズン再開の方法を最後まで模索し続けましたが、新型コロナウイルス感染症の海外及び国内での感染拡大により、選手、クラブ、ファンの皆さまの心身の健康を最優先に考え、今シーズンの全試合中止を決断いたしました。茨城ロボッツといたしましては、これまで二度の中断がありながらも皆様に質の高いバスケットボールや楽しいホームゲームをご覧いただくべく準備をして参りましたが、今の情勢を考えるとこの判断が最善であると受け止めております。試合再開を楽しみにお待ちくださった皆さまには、心よりお詫び申し上げます。

このような状況の中で2019-20シーズンを振り返ることは早計かもしれませんが、今シーズンは開幕よりアダストリアみとアリーナをホームアリーナとし平均観客数が2千名を超え、中盤からホーム15連勝を成し遂げるなど確かな成長を感じ取ることができた一方、選手の怪我やコンディション不良などにより地区上位に食い込むことができず課題の残るシーズンとなりました。

想定外のシーズン終了となってしまいましたが、“ピンチはチャンス”の精神で、今日から希望ある2020-21シーズンに向けて、皆さまにスポーツエンターテインメントをお楽しみいただくべく、一同しっかりと準備を開始したいと思います。様々な活動が制限され先が見えない状況ではありますが、そのトンネルを抜けた先でブースター、サポーター、ファンの皆さまとNATTO HEADをかぶり笑顔で再会できることを楽しみにしております。

2019-20シーズンご支援・ご声援をいただきました全ての皆さまにクラブを代表して心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。今後も茨城ロボッツへのご声援をよろしくお願い申し上げます。

アンソニー・ガーベロットヘッドコーチ

アンソニー・ガーベロット ヘッドコーチ

まず、率直に悲しい、残念だという思いがあります。

ファン・スポンサーの皆さまにがっかりさせてしまう結果となり申し訳ない気持ちです。

今シーズンB1に昇格するというビジョンがあった中で、挑戦する機会が失われてしまったのは残念ですが、今回のBリーグの判断にはリスペクトをしています。

世界中で立ち向かっていかなければならないこの深刻な状況において、我々は未来のために考えていかなければならないと感じています。

チームとしては、ここまで試合再開、そしてプレーオフに向けてハードワークをしてきて、選手のパフォーマンス向上に注力してきましたが、ここでシーズンを終えることになってしまうことは非常に残念です。

しかし、このような状況の中でもクラブにポジティブなメッセージを送ってくださるファンの皆さまもたくさんいます。

ロボッツのファンの皆さまは本当にすばらしいですし、ファンの皆さまの応援で、我々はいつもベストなパフォーマンスをするために前向きに戦い続けることができました。

どんな時にもエナジーを保ち、常に応援してくださった皆さまに本当に感謝しています。
今は、次に繋げるための時間だと思います。
関わってくれた方々に恩を返せるように、できる限りのことをしていきたいです。

私個人としては、日本語もこの時期にもう少し覚えたいと思っています。

#27 眞庭城聖選手

#27 眞庭城聖選手

心のどこかでプレーオフに挑戦できるのではないかという思いもあったので、正直ショックもありますが、今世の中で起きていることや情勢を考えると、我々選手はもちろん、ファンの皆さまをはじめ、試合に関わる全ての皆さまの健康を第一に、この簡単ではない決断をしてくださったリーグに敬意を表したいです。

皆さまの前でまたこのチームでプレーできることを僕らも願っていましたし、もちろんファンの皆さまやスポンサーの皆さまも願ってくださっていたと思います。

不完全燃焼で終わってしまった、という思いを持っている方は、他のチームも含め多いと思いますし、行き場のない思いに整理がつかない状況ではありますが、皆さまの声援に支えられてホーム15連勝でプレーオフ圏内というところにつけることができていました。

そういった状況の中で、プレーオフ挑戦、そしてB1昇格を今シーズンも実現できなかったということに申し訳ない気持ちです。

ただ、シーズンの試合は終わりましたが、皆さまとロボッツの関係が終わるわけではありません。

ロボッツとしては何かしらの形で皆さまに一緒に楽しんできただけるような企画やイベントをできる限り発信し続けていきたいと思いますし、それはクラブとしてはもちろんですが、選手発信でも実行していきたいと思っています。

現時点でアイデアを出してくれている選手もいますし、我々は動こうとしています。
この時期も楽しみながら、また皆さまの前でプレーして一緒に笑いあえるように乗り越えていきましょう。

RELATED

関連ニュース

  • キントーン
  • ポスターダウンロード
  • ボランティア募集
  • LINE@
  • YouTube

チケット

オフィシャルスポンサー・パートナー一覧