MENU

茨城ロボッツ

IBARAKI ROBOTS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > B.LEAGUEによる制裁決定を受けての当社の対応につきまして

B.LEAGUEによる制裁決定を受けての当社の対応につきまして

この度、株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント(以下当社)は、2020年12月4日付けにてB.LEAGUEより制裁を科されることとなりました。つきましてはこの度の制裁処分を受けまして、当社規則に基づき以下の通り懲戒処分を決定いたしましたのでご報告いたします。皆さまにご迷惑とご心配をおかけしましたことを謹んでお詫び申し上げます。

(1)B.LEAGUEによる制裁処分について
B.LEAGUEチェアマンは裁定委員会に諮問し2020年12月4日付けにて以下の制裁を決定いたしました。
制裁対象者:株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント
制裁の種類および内容:けん責
適用条項ならびに違反行為の内容および制裁理由:こちら(B.LEAGUE公式ホームページ)

(2)当社による懲戒処分について
代表取締役社長 山谷拓志:けん責
執行役員ゼネラルマネジャー 上原和人:けん責
 

代表取締役社長 山谷拓志コメント

この度当社は、外国籍選手の入国時における入国後14日間待機要請つきまして、政府機関に確認・相談等することなく誤った認識のもと対処してしまい、Bリーグより規約違反による制裁としてけん責処分を科されることとなりました。実際にA選手につきましてはPCR検査での陰性を確認後に期間中3回の練習参加および待機期間の完了時間より1時間前に公開練習試合への参加、B選手につきましてはPCR検査での陰性を確認後に期間中2回の練習参加が当社の誤認識により行われてしまいました。新型コロナウイルス感染症対策についての意識・認識が極めて甘く、皆さまにご迷惑とご心配をおかけしてしまいましたことを謹んでお詫び申し上げます。つきましては、この度のBリーグによる制裁処分を受けまして、当社規則に基づき代表取締役社長ならびに執行役員ゼネラルマネジャーに対しまして懲戒処分(けん責)を科すことといたしました。
今般の処分を厳粛に受け止め、このようなことが二度とないよう取り組んで参る所存です。

《12月5日追記コメント》
入国後14日間待機要請期間中の不適切な対応ならびにリーグによる制裁処分により、日頃より応援いただいている皆様の信頼を無くしてしまいご心配をおかけしてしまいましたことをクラブの代表としてあらためましてお詫び申し上げます。
本件についてはすべて私の責任であり、皆様から寄せられております多くのご叱責やご意見を真摯に受け止めております。
この度のBリーグによる制裁処分を厳粛に受け止め、皆様からの信頼の回復に努め再発防止を徹底して参る所存です。
今日明日とアウェーでの試合が開催されますが選手やスタッフには引き続き応援をいただけましたら幸いです。
12月9日開催のホームゲームにおきまして皆様にお詫びをお伝えさせていただきます。
この度は本当に申し訳ございませんでした。

チケット

ご案内

  • cps
  • app
  • ロボッツタイムズ
  • ボランティア募集
  •      
オフィシャルスポンサー・パートナー一覧