MENU

CYBERDYNE
IBARAKI ROBOTS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>増減資による資本増強並びに株主変更に関するご報告

増減資による資本増強並びに株主変更に関するご報告

この度、株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメントは、経営基盤の安定を目的として、下記の通り、債務の株式化(現物出資)並びに繰越欠損削減を目的とした資本金額の減少(無償減資)、および発行済み株式譲渡による株主の変更を実施する運びとなり、本日開催されました公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)理事会にて承認されましたので下記の通りご報告申し上げます。

 

1.株主総数及び資本金等の推移

  増減資前 債務の株式化 資本金額の減少 増減資後
発行済株式数 2,400株   1,600株 0株 4,000株
資 本 金 60,000千円  40,000千円  ▲50,000千円 50,000千円
資本準備金 60,000千円 40,000千円 ▲50,000千円 50,000千円
繰越利益剰余金 ▲119,842千円  0千円 特別利益100,000千円  ▲19,842千円 

 

2.株式化する債務の内容

借入先:㈲水戸茨城イニシアティブ(堀 義人氏が100%所有する会社)
債務額100,000千円のうち、80,000千円を株式化

 

3.資本金および資本準備金の減少額

100,000千円(資本金および資本準備金の50%)

 

4.株式譲渡による株主構成変化

㈲水戸茨城イニシアティブ所有の全株式ならびに山谷拓志所有の株式の一部を、株式会社グロービスへ譲渡する。
※2018年5月8日現在の株主構成 ㈲水戸茨城イニシアティブ 50%、山谷拓志 50%

 

5.株式譲渡後の株主構成

株式会社グロービス 85%、山谷拓志 15%

 

6.増減資および株式譲渡までのスケジュール

・5月9日 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)理事会での審議
  (本日承認済み)
・6月25日(予定) 株主総会にて債務の株式化および資本金額の減少、ならびに株式譲渡の承認を決議
・6月30日 債務の株式化および無償減資を同日実施
・7月1日 株式譲渡による株主の変更

 

代表取締役社長 山谷拓志 コメント

この度、経営基盤の安定を目的とした増資並びに減資に対し、各方面よりご理解を賜り誠にありがとうございます。
これまでの累積損失による将来的な債務超過の懸念が減少し、今後のクラブの強化発展に向けた舵取りができる状況になりましたことを大変心強く思っております。
また、経営者と致しましては自身の保有株式の比率は減少致しますが、新たな株主となられる株式会社グロービス様と共に、茨城県に根付いた強く愛されるチームづくりと地方創生に向けた取り組み、そして来シーズンのB2制覇・B1昇格、さらには2020-21シーズンまでの日本一達成に向けて、経営に邁進して参ります。
引き続きご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

オフィシャルスポンサー・パートナー一覧